閉じる

よろず相談窓口 日記~2~

置きにいく男

阪急阪神百貨店×デジマプロジェクト×雲仙観光局の巻
🥔「デジマ」の生産地雲仙市南串山町に阪急阪神百貨店さんが、来た~!!編

よろず相談窓口とは…?

雲仙観光局の事業の柱として、市内及び会員の皆様のいろんな相談を受けつける業務です。
プロモーションや販路の相談が多いですが、「こういうことがしたいな~」と語っていただくだけでも構いません!
その道のプロをご紹介したり、事業者様同士をお繋ぎしたり、仲間を集めたり、一緒になって対応します。

9月1日(木)に、阪急阪神百貨店の担当者3名が、雲仙市南串山町の幻のじゃがいも「デジマ」の生産地観察と今後の展開の打ち合わせに来仙してくださいました。

~前回までの動きは、よろず相談窓口日記①をチェック!~↓



阪急阪神百貨店の担当者、左から博多阪急廣谷さん、
阪急梅田本店眞造さん、久内さん。
一番左端は、雲仙観光局ちゃんぽん番長。

↑まずは、一堂に会して打合せ。デジマプロジェクトのメンバーの熱い想いとこだわりに、阪急阪神百貨店の質問がとまらない!
泣く泣く切り上げさせていただき、いざ現地へ。



見渡す限りのじゃがいも畑、南串山町の特徴である段々畑に、ロケーションがすごい!と、感動される阪急阪神百貨店の皆さん。数あるじゃがいも畑の中でも、地質、日当たり、水はけなど条件を満たした畑でしか「デジマ」は栽培されないそうです。なんとその畑を選抜する「エリアマネージャー」まで、プロジェクト内にいるとのこと。


おそるべし!デジマプロジェクトのこだわり!!

↑じゃがいも畑を一望できる南串山棚畑展望台へ
圧巻の棚畑の風景とデジマプロジェクトの熱意とそれを汲んでくださった阪急阪神百貨店さんと、一緒にパチリ。

今後も幻のじゃがいも「デジマ」の復活に奮闘するデジマプロジェクトの皆さんと観光局の展開にご期待ください。

↑ちなみに当局のちゃんぽん番長も一緒にパチリ。

雲仙観光局では、ほかのよろず相談もいつでも受け付けております。
販路拡大新商品開発や、旬の食材情報から生産者と事業者マッチングなど、とにかくチャレンジしたいこと、お困りごとを気軽にご相談ください。

その他
プロジェクトの概要を見る
ページトップの先頭へ
雲仙地獄チャンネル 雲仙温泉観光協会ウェブサイト