閉じる

エコな取り組み

大庭英郎

島原第三小学校にコンポストを使った土づくりの現場を勉強に行ってきました!!

まずは、ボランティア指導員の用意した廃棄用のニンジンフレークを畑にかぶせ、さらにセラミックパウダーを振りかけます。

その上に、4年生各クラスのコンポストで作ったボカシを乗せます。
真ん中のオガクズみたいなのがボカシです。
良く発酵して素晴らしい出来栄えですね。

皆で整列してスコップでかき混ぜます。

指導員のオジサンも耕うん機で応援。

立派な畑っぽくなってきました。

最後に皆でワラをかぶせて仕上げます。
この後でブルーシートを被せて微生物がよく育つようにします。
3~4日後に一旦ブルーシートをはがして微生物の育ち具合を確認するそうです。

合同ワーキング
お客様にとって、島原半島とともに、「6日間滞在できる雲仙」になれるよう、6つの指針と、3つの意識のもと、プ...
プロジェクトの概要を見る
ページトップの先頭へ
雲仙地獄チャンネル 雲仙温泉観光協会ウェブサイト