閉じる

人材確保WG(第3回)

白濵えりか

今回のWGでは、”外国人の雇用について”より深く話し合いました。
現在、雲仙や小浜の数ヶ所のホテル・旅館などで、外国人の受け入れをしています。
人手不足を補えるという良い点があるのはもちろんですが、一方で受け入れるにあたっての課題や問題点もたくさんあります。

外国人の雇用にあたって

◎良い点
・人手不足を補うことができる
・外国人雇用に関する手続きが以前よりしやすくなっている
・実際に雇用している企業の話を聞いたところ、とても評判が良い
・母国を離れて来てくれているため、やる気は十分ある

●課題・問題点
・日本語のスキルがどの程度あるのか(お客様に対応できるほど話せるか)
・接客までしてもらうのか、それとも裏方の仕事のみお願いするのか
・どこまで衣食住の提供をするのか
 →社宅があれば問題ないが、どこかの宿を借りて提供するほど困っているという訳でもない
  住居が必要になった際、どのように対応すべきか分からない
  食事面をサポートすべきなのか
・一般の方(日本人)と同じ雇用の仕方で問題ないのか
・日本人より丁寧に教育する必要があるが、人手が足りていない分あまり時間が取れない

現状、人手は足りていないが、外国人を雇用しなければいけないほど困っている訳でもないという意見が多くありました。
また、日本人に対して教えるのと、外国人に対して教えるのでは、教育に割く時間も異なるため、そこまでの余裕を作れないとの意見もありました。
ただ、現状なんとかなっていても、数年後どうしようもなくなる可能性もあるため、今のうちから受け入れ態勢を整えていく必要もあります。

外国人雇用に向けた説明会、セミナーの開催

次回のWG(8/18)では、外国人雇用に関する説明会を開催する予定です。
外国人雇用と言っても、「技能実習制度」と「特定技能制度」の2種類あるため、その違いや必要な資格について、業種職種によっても異なる制度などについて、福岡入管さんとJICA九州さんより詳しく説明していただきます。

9月上旬には、WGメンバー以外の一般の方も参加できるセミナーの開催、
9月下旬には、実際に外国人雇用をしている企業との情報交換も予定しております。

合同ワーキング
お客様にとって、島原半島とともに、「6日間滞在できる雲仙」になれるよう、6つの指針と、3つの意識のもと、プ...
プロジェクトの概要を見る
ページトップの先頭へ
雲仙地獄チャンネル 雲仙温泉観光協会ウェブサイト