閉じる

【自然観察】春の白雲の池

いっちー

雲仙温泉より徒歩15分ほどで行くことができる白雲の池に春が沢山訪れていましたので、ご紹介させていただきます!

桜、白雲の池、平成新山

ここ白雲の池の歴史は深く、昭和初期より外国人が自然と触れ合う場として親しまれてきた場所です。当時は、雲仙温泉街は外国人避暑客で溢れ、ここ白雲の池にも滞在しており、現代で流行っている「グランピング」の発祥の地ではないかとも言われております。

昔の白雲の池を楽しむ様子

正式名称は【雲仙白雲の池キャンプ場】となっており、名前にキャンプ場と書いてあるので「キャンプをする人だけが行く場所」と勘違いされがちですが、入場料などはないので、誰でも行くことのできる、温泉街から最も近く自然を楽しめる場所なんです。

そんな白雲の池の散策をしてきたら沢山の春の訪れを感じることが出来ましたので、みなさんにもご紹介させていただきます。

フデリンドウ

白雲の池の遠路沿いに可愛く咲いてました。

タチツボスミレ

キャンプ場の中に入っていくと絨毯のように咲いていました!

ミヤマセントウソウ

小さくて可愛いお花です。

シュンラン

とても凛々しく美しく咲いていました。

白雲の池だけでなく、雲仙温泉ではこれから沢山のお花を楽しむことができます!桜も綺麗ですが、足元にも沢山の美しい可愛い草花もあるので、ぜひ楽しんでください!

その他の取り組み
その他にも様々な取り組みが進行しています。それぞれの取り組みの「途中」をご紹介します。
プロジェクトの概要を見る
ページトップの先頭へ
雲仙地獄チャンネル 雲仙温泉観光協会ウェブサイト