閉じる

10月12日超おもてなしディレクター研修!!レポート②

堀口

10月11日から13日にかけて行われた「超おもてなし研修」の様子をレポートする記事、第2弾です。

前回の記事はこちら!

超おもてなし研修とは?? 

雲仙の良さを一緒に整理して、その良さをお客さまに伝えたい人を募集しています。2時間ほどの短期の研修から、皆さまの職業ならではの雲仙の魅力の伝え方を一緒に考える1~4日間ほどの研修を考えています。自身の業務や事業をさらにレベルアップしたい方向けで、一般的な接遇研修とは違います。

この日は、超おもてなしディレクター研修が行われました。
ディレクターと聞くと、なんだか専門職みたいです。
一見私たちには関係なさそうですが、、、それがそうでもない様です。

インタープリテーションを最大限に活用するために

↑画面右奥の方が加藤さま

本日の講師はアートディレクターの加藤一行さま。
「問題点を見つけて、解決するためのアイデアを考える」ことをお仕事にされているそうです。

「事実だけを述べても伝わらないことが多い」と加藤さま。
「自己分析」×「他者分析」×「ターゲット分析」をした上で、共感を得る表現と言語化をはかろう!
というのが、本日の要点。(最初にズバッと言ってしまう加藤さま)

例えば、新しいビールを売りたい人が「湯上りに一杯最高なビールなんだよ!」と宣伝をしても、湯上りに飲まない人にとっては「そんなことを言われてもなぁ…」となりがち。その人に「ぜひほしい!」と思わせる伝え方をしなくては、どんなに美味しいビールも手に取ってもらえないのです。

ビールの売り方一つをとっても、「何」を「誰に」と、「伝え方」がいかに大事であるか感じられますね。

旅館に努めている方、お店をされている方のみならず、商品企画や観光のメニューを考える方など、お客様をお迎えする様々な方にとって勉強になる考え方です。

↓議事録です。

マインドマップを使って実践×2

↑自分の好きなものをマインドマップ

講演の後は、「自己分析」と「他者分析」の練習です。
「自分の好きなもの」「雲仙らしさ×自分らしさ」の2つのテーマでそれぞれ、マインドマップをかきました。

みなさまの意外な一面も知れる貴重な時間となりました。
加藤さまも、「ここまでの熱量がある地域だとは!」と驚かれたようです。

いよいよ研修もラストスパート。
次回は最終日、10月13日の「超おもてなしインタープリター研修」を報告します。

お楽しみに!

その他の取り組み
その他にも様々な取り組みが進行しています。それぞれの取り組みの「途中」をご紹介します。
プロジェクトの概要を見る
ページトップの先頭へ
雲仙地獄チャンネル 雲仙温泉観光協会ウェブサイト