閉じる

雲仙市はアドベンチャーツーリズムにチャレンジしています!~ver2~

瀬戸 正志

第二回目の視察に同行してきました。今回は“山”です。雲仙温泉街から一番上りやすい山『絹笠山』です。

九州のアドベンチャーツーリズムを牽引されている九州観光機構の花田さんと伊達さん、長崎県観光振興課の松田さん、長崎県国際観光推進室の柄本さん、長崎県観光連盟の一瀬さん、そして、登山ガイドとして活躍中で、ゲストハウスTSUDOI@雲仙のオーナーの市来勇人さんにご案内いただきました。

最初に見るのは苔?

絹笠山登山道入り口より、いきなり“苔”から?? 市来さんのご案内で“苔”の見方が変わります!

苔の世界について、ルーペでの見方、触り方、写真の撮り方などなど、丁寧に、そしておもしろくレクチャーをしてくださいます。

“霧の森へ”進んでいきます。「雲仙は雲の中に包み込まれるリゾートですね」と参加者より。

絹笠山頂上まで普通に歩くと30分ほどですが、このように植物など観察しながら2時間ほどかけて登ります。楽しく、そして生活に役に立つクイズなどしながら、あっという間の2時間です。

当初、普賢岳に登り、間近で平成新山を見るつもりでしたが、天候により絹笠山に変更をしたところでした。絹笠山は登山がはじめての方には、ぜひ、お勧めしたいコースです。そして、できればガイドさんの案内で登山してください。登山が更に魅力的なものになります。

雲仙市は、アドベンチャーツーリズムにチャレンジしながら、ビギナーの方々へ“はじめてシリーズ”などの商品化も検討したいと思ったところでした。

その他の取り組み
その他にも様々な取り組みが進行しています。それぞれの取り組みの「途中」をご紹介します。
プロジェクトの概要を見る
ページトップの先頭へ
雲仙地獄チャンネル 雲仙温泉観光協会ウェブサイト