閉じる

【レポート】雲仙サンカクマルシェ 2020  UNZEN SANKAKU MARCHE

藤村 志乃芙

写真で振り返るマルシェ、アクティビティ、天幕レストラン

2020年11月29日、第4回目となる雲仙サンカクフェスは「雲仙サンカクマルシェ」として形を変えて開催されました。
島原半島の農園やカフェ、ショップによるマルシェ、テントサウナやスタンプラリーなどのアクティビティのほか、初めての取り組みとなる「天幕レストラン」が開催されました。当日の会場と、天幕レストランの様子を写真でレポートします。

会場の様子

会場の中心にはキャンプファイヤー。自然と人の輪ができます。
マシュマロを焼いてスモワづくり
フウフウしていただくチャイは格別でした
雲仙育ちの、農薬や化学肥料を使わない在来種・固定種の野菜たち
パタパタ鳥を作る、森の工作教室
人気のフィンランド発テントサウナを体験
肌寒い野外でのカレーは大人気でした
DJの音楽に思わず体も踊る
香ばしく焼いた猪肉の振る舞い
雲仙の自然を満喫、澄んだ空気の中でヨガ
長崎大学経済学部のゼミ生たちによるSDGsスタンプラリー
一足早く来たサンタさんは子どもたちに大人気

天幕レストラン

明治時代、避暑地として外国人に人気だった雲仙。
その中でも涼を感じる緑に囲まれた白雲の池では、ロングテーブルを並べ天幕を張って、ゆっくりと食事を楽しんでいたようです。その様子は写真にも残っています。

「こんなふうに雲仙の自然を楽しみながら、半島のおいしい食材を味わう体験ができたら」
そんな発想から生まれ、半島が誇る雲仙温泉の調理師たちが総力を結集して実現した、1日だけの特別なレストラン。
多数の応募の中から抽選で40名の方が、目にも舌にもおいしいごちそうを堪能しました。

着席、期待が高まります
ウエルカムドリンクはホットレモネードで
器までかわいい!NIBOSABA寿司に、煮干し出汁茶碗蒸し
カラスミ、チーズ、野菜の前菜。生ハムは原木をその場でカット
デザートはジャガイモのモンブラン。花火の演出に歓声が上がります
かつての写真と同じアングルで、ハイチーズ!
白雲の池の活用
近くの温泉と豊かな自然を堪能できる白雲の池を活用するプロジェクト
プロジェクトの概要を見る
ページトップの先頭へ
雲仙地獄チャンネル 雲仙温泉観光協会ウェブサイト