閉じる

news

ニュース

【募集終了】雲仙市地域おこし協力隊員募集中【6/30迄】※延長

運営事務局


雲仙市では、地域おこし協力隊員を募集しています。雲仙市の観光を広くPRし、観光産業振興に携わる仕事です。

雲仙市はこんなところ!

雲仙市風景

雲仙市は、長崎県の南部、島原半島の北西部にある市。雲仙普賢岳を取り巻くように広がります。

穏やかな橘湾や、有明海を望む美しい海岸線。普賢岳、雲仙地獄といった雄大な自然。

日本最初の国立公園である雲仙天草国立公園、及び島原半島県立公園に指定されている自然豊かな地域です。 

長崎県を代表する観光地で外国人避暑地としての歴史がある「雲仙温泉」。
若い移住者で活気づく海辺の温泉地「小浜温泉」。

また、島原半島は美食の半島としても名高く、食材に惚れ込んで移住し店を開いた有名シェフもいます。

このような豊富な観光資源(自然・景観・食・歴史・体験)に恵まれている雲仙市。

観光を地域に潤いをもたらす産業とし、持続可能な地域としていくために、DMO認定法人(※1)の設立を目指しています。
令和4年度の法人成立に向け、令和3年3月には雲仙観光局(仮称)設立準備委員会を設立しました。

※1 DMOとは
DMOとは観光物件、自然、食、芸術・芸能、風習、風俗など観光資源に精通し、地域と協同して観光地域作りを行う法人のことです。

地方と都市の交流により新たな価値を生み出す仕事

今回、募集している地域おこし協力隊の方には、地方と都市の交流により新たな価値を生み出す仕事を行っていただきます。

雲仙市ならではの「観光まちづくり」「ワーケーション推進」「プロモーション活動」、法人化に向けた「雲仙観光局(仮称)設立準備委員会」の運営に関する業務など、地域の方々と一緒になって、都市と雲仙市をつなぐ交流コンシェルジュとして活動していただける意欲あふれる新たな担い手を募集します。

なんと言っても、雲仙観光局(仮称)の立ち上げにあたって、初期段階から関わることができる絶好のタイミングです。

雲仙市の観光事業の今後を担うビッグプロジェクトのメンバーになりませんか?
立ち上げ時ならではの面白み、やりがいが待っています!

こんなスキルを歓迎します!

コミュニケーション力やプレゼン力、マーケティングの力がある方は大歓迎です。
また、書類作成や申請など、事務仕事の積み上げの面もあります。事務仕事が得意な方も歓迎です!

雲仙で過ごすとこんないいことが!

  • 気軽に温泉に入れる!
      雲仙市には泉質の異なる小浜温泉・雲仙温泉があり、温泉の町として有名です。
  • 大自然を体験できる!
      雲仙は日本で初めて国立公園に指定されており、普賢岳や雲仙地獄等の絶景が楽しめるスポットがいっぱいです。
  • 海の幸・山の幸がいっぱい!
      雲仙は北部は有明海、南部は橘湾に面しており漁業が盛んです。また、それだけでなく雲仙牛等の畜産、ジャガイモやイチゴといった野菜、果物も有名です。

この魅力ある雲仙を一緒に宣伝していきませんか?

気になる住居まわりのサポート

雲仙市若者 UI ターン家賃補助金 補助要件(35歳以下)等が合致した場合には、
家賃24ヵ月分(最大60万円) の支援を受けることができます。

メッセージ

地域おこし協力隊になったら、私たち市役所の職員や、主要観光地の方々、観光協会だけでなく地域の方々と関わりながら活動していただくことになります。

観光物産課には、雲仙の魅力にとりこになり、転職、移住してきた仲間もいて、なんだかバラエティに富んでいます。

DMO立ち上げプロジェクトは時にハードかもしれませんが、そんな時はグルメと温泉、課のバラエティ力で癒します。

ちなみに、この雲仙ポータルの「雲仙地獄チャンネル」には同じ課の仲間が出演しています。スーツでノルディックウォーキングをしたり、一見遊んでいるように見えるかもしれませんが、これも仕事です!

雲仙の仲間が登場するYoutubeチャンネル「雲仙地獄チャンネル」はこちら

募集要項

募集人員地域おこし協力隊員 1名
応募条件以下のすべての項目に該当する方

・令和3年4月1日現在において、年齢が20歳以上の方
・普通自動車免許を有している方
・Word、Excel、インターネットなど基本的なパソコン操作のできる方
・観光業や関連する分野の知識、 経験がある方
・申し込み時点で3大都市圏をはじめとする都市地域等(※1)から雲仙市内に生活の 拠点を移し、住民票を移動できる方

※1 地域要件に関する確認については、お問合せいただくか、総務省地域おこし協力隊HP「特別交付税措置に係る地域要件確認表」を参考にして下さい。
求める人物像・地域の活性化に意欲があり、地域が抱える課題の解決に積極的に取り組むことがで きる方
・地域の特性や風習を尊重し、地域住民と積極的にコミュニケーションを図れる方
・地域づくりの主役は地域住民であることを理解し、地域住民と協働できる方
・市の条例や規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
・IT やマーケティング、ブランディング等に取り組む意欲がある方
勤務地・活動地域(1)勤務地:雲仙市観光商工部観光物産課(長崎県雲仙市吾妻町牛口名714番地)
(2)活動地域:雲仙市内
主な活動内容(1)都市と雲仙市をつなぐ交流コンシェルジュ業務
(2)観光地におけるマーケティング及びブランディングに関する業務
(3)ワーケーションに関する業務
(4)プロモーションに関する業務
(5)雲仙観光局(仮称)の立ち上げ及び雲仙観光局(仮称)設立準備委員会の運営に関 する業務
(6)その他 観光振興に寄与する活動
勤務時間週37時間30分程度、勤務1日7時間30分(8時30分~17時00分)
月曜日から金曜日までの週5日 勤務を基本とする。
活動内容によっては、夜間、土、日、祝日に勤務することもあるため、上記を超えない範 囲で変更する。
雇用形態、任用期間(1)雲仙市地域おこし協力隊員会計年度任用職員として任用します。
(2)任用年月日は、令和3年8月ごろを予定しており、具体的な日程は応募者と市が協 議の上決定します。
(3)任用期間は、1年を超えない範囲で市長が定め、3年を限度として延長することが できるものとします。 任用期間の延長については、毎年3月に市長が活動実績をもとに判断します。
賃金等月額182,612円
※別途通勤手当(距離による)があります。
※期末手当支給有
※その他、退職手当及びその他の支給はありません。
※雲仙市若者UIターン家賃補助金 補助要件(35歳以下)等が合致した場合には、家賃を24ヵ月分(最大60万円)の支援を受けることができます。
【 → 詳しくはこちら】
福利厚生等(1)社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)に加入します。
(2)活動にかかる車両、燃料、パソコン等事務用品等の経費は、予算の範囲内で市が負担します。
(3)年次休暇等は市の規則を適用します。
(4)地域での生活や通勤の移動手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車等の持 込をお勧めします。公用車は私用では使えません。
応募手続(1)応募受付期限
令和3年6月30日(水)まで郵送必着で受け付けます。 なお、提出された書類は返却いたしません。
(2)応募方法
応募用紙に必要事項を記入の上、住民票を添付し、下記提出先まで郵送で提出して ください。
【 → 応募用紙はこちら】
選考(1)第一次選考書類選考を行い、結果を応募者全員に文書で通知します。
(2)第二次選考一次選考の合格者を対象に、面接を雲仙市で実施します。詳細は、一次選考結果の通知の際にお知らせします。※第二次選考に要する旅費は個人負担です。
その他引越費用(本市への転入・本市からの転出)は個人負担です。 また、住居について相談には応じますが、ご本人でご契約していただき、家賃は個人負担となります。
提出・問合せ先雲仙市 観光商工部 観光物産課 観光振興班
担当:前田
〒859-1107 長崎県雲仙市吾妻町牛口名714番地
TEL:0957-38-3111
FAX:0957-38-3205
E-Mail:suishin@city.unzen.lg.jp
ページトップの先頭へ
雲仙地獄チャンネル 雲仙温泉観光協会ウェブサイト