閉じる

【レポート】雲仙サンカクマルシェ 2021 UNZEN SANKAKU MARCHE

甲斐 亮

写真で振り返るマルシェ、アクティビティ、天幕レストラン

2021年11月28日、昨年に引き続き「雲仙サンカクマルシェ」が開催されました。
今年は昨年よりも出店者数を増やし、マルシェ・アクティビティー・ワークショップ、こだわりの22店舗が白雲の池キャンプ場を彩り、来場者の皆様により楽しんでもらえるように工夫をこらしました。

温泉街よりシャトルバスを出し、来場して頂いたお客様は、なんと約1800人。 たくさんのお客様の笑顔があふれた白雲の池でした。
また、昨年好評だった「天幕レストラン」も改良を加えて開催しました。寒さが厳しくなる時期でしたが、とても良い天気に恵まれての開催となり、大盛況でした。
では写真で振り返っていきたいと思います。

昨年の様子:【レポート】雲仙サンカクマルシェ 2020  UNZEN SANKAKU MARCHE

会場の様子(受付〜マルシェ)

スタッフは早朝から集合してメインの天幕設営や出店者の補助を行いました

受付で配布された会場map
多彩なマルシェにワークショップやアクティビティー。

出店者の皆さんには時間を区切って準備に入ってもらい、スムーズな設営ができました
検温器と消毒器も準備万端!
DJブース
オープンキッチン
荒木精肉店

シミズfarm

会場の様子(ワークショップ&アクティビティ)

Reuna+(テントサウナ)

チャイ&甘酒
ヨガ
森の工作教室

クリスマススモアづくり
雲仙温泉名物!なべブタっ球
とんさか森の楽校

ブッシュクラフト

天幕レストラン

明治時代から避暑地として外国人に人気だった雲仙。
白雲の池では、ロングテーブルを並べ天幕を張り、ゆったりと食事を楽しんでおり、その様子は写真にも残っています。

当時の雰囲気を味わいながら、雲仙の自然の恵みを味わえたなら。
そんな発想からスタートした「天幕レストラン」を今年も開催しました。

今年はその雰囲気と料理をゆっくり味わってもらうため、12名☓2組の構成で提供させていただきました。

彦摩呂さんも取材に来られました
サンカクポーズで、ハイチーズ!

当日のメニュ―はこちらより

魅力あふれる島原半島の食材で、ちょっぴり早いクリスマスディナーを楽しんだお客様。最高の笑顔で白雲の池を満喫して頂きました。

雲仙を食べるプロジェクト
雲仙で採れたものを雲仙のホテルや旅館などで積極的消費することを目指す
プロジェクトの概要を見る
ページトップの先頭へ
雲仙地獄チャンネル 雲仙温泉観光協会ウェブサイト